<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
切迫早産で入院した話、目次。
『切迫早産』で検索してお越しになる方が多いので、目次をここに載せますね。


張り止め(リトドリン)を飲み続けるも妊娠21週で腹部に痛みを感じ、

病院に電話したらその後『切迫流産・切迫早産』で入院になったお話の目次。

2013年1月末の出来事です。

※2013年6月に無事出産、活発な女の子を育ててます。

検診と、「痛いのか分からない」(〜切迫早産入院1日目)

子宮頚管も短くなってた(切迫早産入院2日目)

引越しと減薬(切迫早産入院3日目)

義母っぽい(切迫早産入院4日目)

「意見は即却下だ」(切迫早産入院5日目)

明日なんです。(切迫早産入院6日目)

「オツトメご苦労様です」(切迫早産入院7日目)

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2015.12.17 Thursday  | - | - | 

引越しと減薬(切迫早産入院3日目)

1月26日(土)

6:00。

朝の検温。抗生剤投与。


7:00。

NST。
我が子はまたしても暴れまわっている。
心音がうまく取れず、再測定。

8:00。

朝食。


今朝はパンだった。
ジャムを選ばせてもらえるのだが、無意識にブルーベリージャムを手にとってしまった。
ブルーベリーが嫌いなわけではないが、
夫が好んで買ってくる”いつものジャム”なので
自宅に居ない時ぐらいは違うものにしたかった。

ウチではピーナツクリームが出てこない。
夫の好みでないと知ったのは最近だ。

しっかり焼きめのついたトーストは、私の口に入るまでに冷めてしまい、
ラスクのように固くなってしまっていた。

0.5枚は食べて、スープも少し飲む。

吐き気が引き続いているので、それ以上は手を付けられなかった。


それでも昨日より吐き気は治まってきたように思う。
頭痛と歯痛は相変わらずだが、動悸も楽になってきた。
点滴の副作用に慣れてきたのだろうか。

私が投与されているリトドリン(=ウテメリン)はまだ軽めのものなのだ。
もっと酷くなるとリトドリンの量が増やされ、
それでも張りが強い場合はマグセントが投与され、副作用もそれはそれは現在の比ではなくなるらしい。
今朝までいた個室の、隣の部屋にいた妊婦さんはマグセント投与されて4週間目だと聞いた。
妊娠30週を超えたところで入院し、このまま出産まで退院できないそうだ。
廊下ですれ違った彼女はぐったりしていて、とても”幸せマタニティ生活”を楽しんでるとは言えなかった。

私は入院してやっと、自分がどんなに注意が体調なのか分かった。
医師や看護師の「無理しないで」は、ほとんど動くな、だったのだ…。

食べ終えてすぐベッドに戻り、「大人しく大人しく」と自分に言い聞かせた。


9:00。

検温。

その後、タオルで体を拭いてもらう。
看護師さんが私の背中に回り込んで、肩のマッサージをしてくれた。

点滴針の刺さった左手を動かさないように寝ているので、
寝返りが打てず背中まで痛くなっていたのでありがたかった。


10:30。

検診と膣内洗浄。
診察台でどうしても力を入れてしまうので、痛かった。今日は特に。

この後もお腹の張りがみられなければ、点滴のスピードを下げてくれることになった。

取り込む薬が減るぞ! きっと副作用が楽になる!!


12:00。

昼食。



蕎麦に、抹茶ムースがついてる!

なにより嬉しかったのは、左下の小ぶりなおにぎり!

私はおにぎりが大好きだ。これは何としても食べねばなるまい。

好物を目の前に高揚し食欲も引き上げられたのか、
なんと全て平らげることができた。

久しぶりに満腹になって、生きてる心地が湧いた気がする。


13:00。

検温。


14:00。

ケータイで撮影した画像をブログサーバーにアップロードするので四苦八苦する。
食事内容しか撮影していないが。
画像サイズが悪いらしく、横向きでアップロードされてしまう。
ケータイ内で画像回転できないし、
アップロードした先でも回転できない。
Picasaツールもアップロードしかできない。

画像編集もアップロードもすぐにできる、パソコンって便利なんだね!

試行錯誤した結果、画像編集アプリを新たにダウンロードし、
以降の撮影時には画像サイズを上げることで解決した。


15:00。

おやつ。



サツマイモは「棺桶に入れてくれ」と公言しているほど愛して止まない食材なのだが、
大学芋となると苦手になる。

美味しかったです。でも残した。


15:30。

夫が来る。
替えの下着を持ってきてもらい、念のために持ってきたバスタオルなど、不要な荷物を持ち帰ってもらう事にした。

私が二人部屋に移動になったのを喜びつつ、何度も

「顔がスッキリしたねえ! 痩せたねえ!!」とのたまう。

携えてきたビデオカメラ(いつもカバンに忍ばせている)で室内と私を撮影し、
”昨日ベッドで呻いていた私”を再生する。
「こんなに顔パンパンだったのに! 病院て凄いね!」

食べてないからだ、と跳ね返しておいたが、
頬から顎のラインが曲線でなくなったのは事実だった…。
点滴のせいでやつれたのだろうか。

食べれるようになったら戻るだろう(それもイヤだけど)。


16:00。

夫も一緒に、胎児の心音確認をする。
今回はNSTで使っていた大きな機器ではなくて、
心音だけ取れるもっと小さな――一昔前のラジカセぐらいの機械が当てられた。

相変わらず元気だ。


17:00。

夫が家中大掃除をした戦績を盛大に発表し、「続きやらなきゃ」と楽しそうに帰って行った。
一気に静かになる。


18:00。



エビフライですよ、エビフライ!!

この頃には味をしっかり感じられるようになっていた。
薄味に慣れたに違いない。

昼食に続き見事に完食する。


19:00。

検温。

無性にシチューが食べたくなる。それも、こってりした味の。


21:00。

ブログを書いてた…と思う。
そして「シチューが食べたい」欲は、シチューハンバーグが食べたい欲に変貌していた。


22:00。

消灯、しかし眠れずに23:00という表示を見てしまい、
慌てて寝ようと試みる。
2013.02.01 Friday 12:16 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 2013年01月31日のつぶやき | main | 夫が全裸で悩んでいる >>

スポンサーサイト

[ - ]
2015.12.17 Thursday 12:16 | - | - |