<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
切迫早産で入院した話、目次。
『切迫早産』で検索してお越しになる方が多いので、目次をここに載せますね。


張り止め(リトドリン)を飲み続けるも妊娠21週で腹部に痛みを感じ、

病院に電話したらその後『切迫流産・切迫早産』で入院になったお話の目次。

2013年1月末の出来事です。

※2013年6月に無事出産、活発な女の子を育ててます。

検診と、「痛いのか分からない」(〜切迫早産入院1日目)

子宮頚管も短くなってた(切迫早産入院2日目)

引越しと減薬(切迫早産入院3日目)

義母っぽい(切迫早産入院4日目)

「意見は即却下だ」(切迫早産入院5日目)

明日なんです。(切迫早産入院6日目)

「オツトメご苦労様です」(切迫早産入院7日目)

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2015.12.17 Thursday  | - | - | 

どうにかこうにか一ヶ月

真面目に書いてみる。

*****

TwitterやFacebook、つぶやきまとめなんかではご報告してましたが。

人を産みました。

今日でちょうど一ヶ月、です。

妊娠から今日まで振り返ってみれば、
いつも『出産』という時間を意識して怖れていた気がするけれど、
『出産』なんてほんの一瞬でしかなかったです。
陣痛怖かった。でもそんなのすぐ通過してしまって、産んでからのがしんどかった(若干継続中)。
特に産後二週目は、産後ダメージと疲弊した身体に精神疲労がMAXになっていて、ひどかった。
何度も出産した病院に電話したし、何度も泣いた。
夜中、授乳してもオムツ替えても泣く娘を前に、困惑する余裕すらなくて「泣くの止めてあげなきゃ!」と、口をガーゼで塞ごうとしてハッとした。
もちろん未遂だったけど。
「虐待するぐらいなら、なんで産んだんだ!」とニュースを見て思ってたけど、痛めつけるつもりじゃないのにそうなってしまうことがあり得るんだ…と分かった。
もっと精神的に若くて、しかも誰のサポートもなかったら多分、私大変なことしてた。

市から派遣された助産師さんに言ったら、
「出産後は、胎盤に溜まってたホルモンも全部無くなっちゃうし、なかなか追加の分泌もないからホントは全員鬱状態なの。赤ちゃんがいる幸せ感で頑張れちゃってるだけだから」と言ってくれて楽になった。
昔から"みんなと一緒"は嫌いだったけど、この時ばかりは安心した。

里帰りしなかった上手伝いに来てくれる人はいなかったので、夫しか頼らなかったけどまあ…この人がよく世話をしてくれまして。
寝かしつけは私より得意だし、ミルク作るし飲ませるし、オムツ交換は楽しそうだし。沐浴に至っては毎日担当してくれて、私は病院で一回入れてあげたきりになってしまった。
疲れた顔しないのが凄い。
深夜に娘が泣き止まずどうにもならず、寝ている彼を起こして助けを求めた時も。
眠そうにしてるのに申し訳ないな、と言ったら「謝らないでよ、俺の子なのに」と返ってきた。
なにそのイケメン回答は。さすがすぎる。なのにモテないのが不思議ですね!原因はいろいろありそうだけど!
4.5畳の部屋いっぱいに押し込めた青年コミックと、Amazonの購入履歴に聞けば答え出るよね!

とにかく、子供大好きな夫にはとても助けられた。
ますます子供大好きになっていて、最近は母乳ばかりでミルクあげるタイミングが減ってるのを寂しがっているけど。
おかげでなんとか私にも余裕が出てきて、泣く日はなくなった。
難を言えば、「世の中の女の人は見る目ないんだよ」と娘に自分のモテなさを愚痴るのはやめていただきたい。

毎日変化する娘を観察するのが楽しくて、ちょっとした瞬間に喜んで、不安になって、また笑っている。

その都度、どんな人もこんな時期があって、間違いなく愛情こめた手をかけてもらっていたんだろうになぁ、と思う。
なのに大きくなるにつけ重みを背負って、ハードル上げて上げられて、苦しくなっちゃう人が多いんだろう。
産まれただけで凄いんだよ!!


…と、10年前の私にも言いたい。
理解して貰えないだろうけどな!

子育て楽しいよ!

以上、娘のお尻からブリブリ発せられる音を聞きながら。
またオムツ替えなきゃ。


2013.07.05 Friday 20:11 | - | - | 
<< 2013年07月04日のつぶやき | main | 2013年07月05日のつぶやき >>

スポンサーサイト

[ - ]
2015.12.17 Thursday 20:11 | - | - |