<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
切迫早産で入院した話、目次。
『切迫早産』で検索してお越しになる方が多いので、目次をここに載せますね。


張り止め(リトドリン)を飲み続けるも妊娠21週で腹部に痛みを感じ、

病院に電話したらその後『切迫流産・切迫早産』で入院になったお話の目次。

2013年1月末の出来事です。

※2013年6月に無事出産、活発な女の子を育ててます。

検診と、「痛いのか分からない」(〜切迫早産入院1日目)

子宮頚管も短くなってた(切迫早産入院2日目)

引越しと減薬(切迫早産入院3日目)

義母っぽい(切迫早産入院4日目)

「意見は即却下だ」(切迫早産入院5日目)

明日なんです。(切迫早産入院6日目)

「オツトメご苦労様です」(切迫早産入院7日目)

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2015.12.17 Thursday  | - | - | 

希少価値のある嫁。

2007年夏にアパートの2階から落下して、医師に「80%死ぬ」と言われるケガをしました。

ブログではしっかり記事にしてたんですけどね。


猛暑記録更新、なんて言われた夏でした。

その夏を病院で過ごしたので、私は涼しく過ごせたんですけども。

その時折った、右足首の骨の話です。


去年の検査で「もうしばらく来なくていいよ」と言われたので、

もう治ったんだ!!! と喜び、mixi日記にしてまで身内にふれて周り、

ダンベル運動ガンガンして健康のありがたみを日々味わっていたわけです。



ところが!

5月末、急に

骨潰れるかもしれないから検査した方が良い」なんて大学病院から呼び出されたんですよ。

なんでも、「5年以内に骨が壊死する報告が増えてる」というんです。



もう、恐いじゃないですか!!

ホルモンバランス的にダイエット最良期間だったのですが、


潰れるかも…っていう不安でもうダンベルも持てない。

「検査を待ってからダイエット再開しよう」という言い訳を得たのです。


*******

そしてついにワクワクドキドキな検査日、6/4を迎えました。

前日夜から不安で不安で、ネットカフェで爆睡し、

吉野家で朝食を採る
始末ですよ。



珍しく 予約時間前に救命センターに到着すると、MRI室を案内されました。

手術着に着替え、問診票に記入して、

台の上にごろんと仰向けで寝るように指示。

そういえばMRIって、造影剤投与されるんだよな。久しぶりの注射だなー♪

なんて緊張していたら、


造影剤無しで撮影が始まりました。

わくわくを返せ!!


しかも、足だけ。



不思議ですよ、足だけMRIの機械に突っ込まれてる図って。



そうそう、MRIってすっごい音がするのですが(良く、「ジェットエンジンの音」のようと言われる)

前夜はしっかり寝てしまったじゃないですか。


激しく後悔しましたね。

寝ずに来て、MRIの音に苦しないように検査時に寝てしまえば良かった、と。


案の定、機器の轟音が凄くて、私は

寝ましたけど。


40分ぐらいMRI撮影された後、技師さんに「良く寝れますね」と言われつつ解放されました。

じゃあお迎え呼びますね。病室どこでしたっけ?


……入院していません。


自前スリッパ(のようなスニーカー)に、スッピンだったのがいけないんでしょうか。

もちろん、一人で歩いて診察室に戻りましたよ。



そしていよいよ診察です。

「検査をお願いしたのは理由が2つあって、1つは電話でお話ししたとおり」


今日私を呼び出したのは主治医ではなかったので、

入院中にお会いしたことがあったかなーなんて、医師の顔を眺めてました。


「最近になっても治療終了5年後 "距骨"が潰れてしまった、という報告があるんです。

 なかなか治らない骨です」



うーん。お会いしたような、お会いしなかったような。


「もう1つの理由は、来月の学会の資料にしたいんです」






分かっています。

この医師と面識があったかどうかという確認作業をやめて、私はそうお答えしました。


ていうか、何で私なのよ。

「この骨を治した先生っていないんです。

 それも、

 
 脱臼骨折なんかして、

 術後1年後にボルト抜くなんてアレンジ加えやがって。



 フツーに歩いてるヤツなんかいないんだよ!



と(後半脚色付けましたが

どれだけ大変な症例か淡々と説明して頂きました。


国内だったか世界だったか忘れましたが、


骨移植もせず自力で回復させ、こうして歩いている患者はほとんどいないそうです


距骨ってそんな難しい骨だったんだなー。


だったらスゴイのは、手術した主治医じゃない?

ありがとう、鳥○先生。


最後に今後についての説明もありました。

「手術から4年経つけど、 今回の結果は凄く良好です。


 もう完治癒したと言ってもいいぐらい」


え?

やっぱりまだ治ってなかったの?

それにやはり「完治した」とは断言してくれないんだね。


というわけで、7月の医療学会で私の距骨が登場します。

ほんとに骨だけしか出演しないんだけど。

そのかわり、

資料用だったので、今回の検査費はタダでした。



退室時「次は骨盤についても資料提供の相談するかも」って言ってたのが気になりますがね!



JUGEMテーマ:身近な医療と健康


ランキングバナー
ランキングに参加しています。もう怪我すんなよと思った方、どうぞ1クリックをお願いします。
2011.06.05 Sunday 17:49 | comments(3) | trackbacks(0) | 
<< 具合が悪くても寝言はしっかり。 | main | 直ちに冷却が必要なレベル >>

スポンサーサイト

[ - ]
2015.12.17 Thursday 17:49 | - | - | 
あぷ (2011/06/05 5:58 PM)
治ったわけではないのか
でもすごそうな怪我だったのに元気だなぁとは思ってた。
よかった。まいあはきっと歩いてるだけで色んな人に希望を与えるんだよ。
hoory (2011/06/05 6:48 PM)
すげぇ…w
てかもうそんなに経つんですね…
クード (2011/06/05 11:54 PM)
はじめまして。
ブログ、興味深く拝見いたしました。
実は、クードも3月に 距骨を骨折して しばらく松葉杖生活でした・・・
現在、週に1度リハビリに通っています。
階段以外 なんとか普通に?歩けるようになりましたが
足は変色してむくんだままです・・・
この先 ずっとこのまま!?
と不安な日々を送っています。
これからも ブログ、楽しみにしてます。